☞ 共同体とは?

共同体とは?

2007年8月18日

共同体に属すということは、何を意味するのでしょうか。

皆一人一人が共に、同じ体に属しています。そして、皆が共に、復活されたキリストの体となりました。キリストの体において、神様の家族となったのです。

「カトリック湯川教会の〜と申します。」とか「彼女は教会の方です。」という表現がよく使われています。私たちは一人一人カトリック教会に属していますが、同時に、湯川教会にも属しています。

それは確かにそうですが、実際これはどういう意味でしょうか。教会は、協会ですか。違いますね。クラブですか。とんでもないです。神様に教えをいただく人々の集まりですか。教会と言う単語を見れば、そうではないかと思います。しかし、それだけであれば、教会に属すということの本当の意味が、まだはっきり分からないでしょう。

人間の生活の中に似ているものを探すとすれば、何があるでしょうか。家族ですか。そうかも知れません。神様に教えをいただく人々は、皆、神様の家族に属して神様の子となりました。そして、私たちは兄弟姉妹となりました。ですから教会は、協会とかクラブとは言えないのです。たとえば、書道クラブに入るのは、一年間だけの限られた期間でも問題ありません。この書道クラブに属している人々は、もちろん兄弟ではありません。仲間です。写真クラブには、いつ入ってもいいし、いつ離れても構わないのです。そこにおける仲間は、家族ではないのですから。

教会の場合は違います。共に、神様から教えをいただくことだけではありません。洗礼を受けることを通して、神様から、復活されたキリストの永遠の命を共に受けるのです。洗礼を受けた人々の間には、強い愛の絆があります。その愛の絆で、私たちは兄弟姉妹となってしまいます。神様の家族となってしまいます。
私は四人兄弟です。兄は、結婚して自分の家族を造りました。ヨーロッパの国々をまわり仕事をしています。芸術家の弟は、自分の家族を持ちバリ島にいます。妹は、フランスで四人の子供を育てています。そして私は、宣教師として湯川教会に仕えようとしています。

私たち兄弟四人は、世界のあちこちに離れていても、まだ兄弟なのです。離れていても、私たちの間には強い愛の絆があります。兄弟姉妹となったのは、私たちが選んだことではありませんし、父母の愛によって出来たことです。命も、愛も、プレゼントとして別の方からいただいたものですから、変えることは出来ません。

私たちは、神様の家族の子となりました。皆同じく、神様の愛によって出来たものです。皆違う人々ですが、神様の愛によって、私たちの間には強い絆があります。ですから、私たちは神様の愛のうちに、皆兄弟姉妹なのです。命も、平和も、赦しも、全て神様からいただいたものですから、神様の家族に属しているのです。

この家族とは、協会ですか。クラブですか。それとも教会ですか。いいえ。共同体です。私たちは、共同体となったのです。つまり、皆一人一人が共に、同じ体に属しています。そして皆、復活されたキリストの体となりました。キリストの体において、神様の家族となってしまったのです。これは、とても素晴らしいことではないでしょうか。

JPEG - 共同体
共同体

私は特に、カトリック湯川教会における神様の家族のために祈ります。その兄弟姉妹が皆、神様の呼びかけに答えて、いただいた使命を果たすように。皆が神様に恵まれて、自分のタラントンを使って、神様に、そして兄弟姉妹が互いのために仕えるように。今は教会から離れている人々が、いつかキリストの体に属す神の子として認められるように。そして今いる兄弟姉妹が、離れてしまった人々を、喜びのうちに、愛のうちに迎え入れるように。そして、皆が神様からいただいた勇気で、お互いのために赦すことが出来るように。

このように、私たちは信仰を持ち、神様の国へ行く道を、共同体として歩む事になります。

神父の一言

もっとも新しい記事

主の降誕祭について

2013年12月20日

待降節に入ると私たちはすぐに、クリスマスの祝いが近いことを思い出します。救い主が来られるという約束を受けた私たちは、心の準備をしてキリストを迎え入れようとしています。
つづきを読みなさい ☞
しばらくすると…

2013年3月31日

イエス様から「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなる」[ヨハネ16・16]と言われ、弟子たちは驚いたことでしょう。
つづきを読みなさい ☞
信仰年における、クリスマスのお祝い

2012年12月20日

今年は、特別なクリスマスのお祝いです。 信仰年における、クリスマスのお祝いです。 信仰年にあたり、神様のみ言葉を灯火として受け、信仰の神秘にあずかるように招かれています
つづきを読みなさい ☞
ごミサに集まる人々は、だれ?

2012年7月7日

信仰生活をしている人は、毎日曜日ごミサに参加します。ごミサは、イエス・キリストの救いの神秘を記念する礼拝であり、非常に大切なもの、信仰生活の起源であり頂点であるとも言われて (...)
つづきを読みなさい ☞
四旬節と言えば

2012年2月23日

四旬節と言うと、みなさんはなんとなく重い気持ちになるでしょうか。私が幼い頃の、四旬節についてのイメージや思い出は、あまり良いものではありません。それは、「やらなければいけな (...)
つづきを読みなさい ☞
歓迎会

2011年12月22日

待ち望んでいた主が来てくださいました。来てくださった主を迎え入れましょうか。
つづきを読みなさい ☞
口から口へ

2011年11月4日

キリストを迎え入れるというのは、神様のみ言葉を聞き、救っていただくことです。それが、人間に対する神様の一番深い望みです。
つづきを読みなさい ☞
「聖ペトロと聖パウロ」を祝おう!

2011年6月29日

聖ペトロと聖パウロのお祝いは、毎年6月29日に、二人の殉教を記念して行います。彼らの生贄を通し、信仰は私たちにまで伝えられました。私たちは現在も、聖ペトロと聖パウロの信仰を (...)
つづきを読みなさい ☞
「私はある」という人が復活されました!

2011年4月23日

受難を受けて死に、復活したイエス様を、この世を救ってくださる神様として認めることが出来るでしょうか。
つづきを読みなさい ☞
永遠の命って?

2011年2月26日

神様は、私たち一人一人を大切にしてくださるので、永遠の命にあずからせるまで、私たちを待たせるわけではないのです。もう既に、永遠の命は与えられているのですから。
つづきを読みなさい ☞