☞ 愛と会い…

愛と会い…

2009年4月26日

今からちょうど2000年前、聖パウロは生まれました。今年は、聖パウロの誕生を記念する聖パウロ年ですから、聖パウロによって教会にもたらされた教えや、信仰の経験などを思い出すよう特に招かれています。教会の神学に対する聖パウロの貢献は豊かです。これから、「王たるキリスト」の前書きとして、聖パウロの福音的な考え方について書かせていただきます。聖パウロを理解する助けとして、次の手紙の箇所を読みましよう。

ーコリント13、1-3

たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、私は騒がしいどら、やかましいシンバル。

愛についてこの手紙を書いた時、多分、聖パウロは、自分の経験について考えていました。これはある程度、自伝的なテキストなのです。聖パウロと呼ばれる以前の彼は、サウロといい、ファリサイ派に属している正しいユダヤ人でした。神様によってもたらされた律法を保ち、神様から受けた御言葉に従って、天使たちの異言を語る人だったのではないでしょうか。ローマ人である彼は、ヘブライ語、ギリシャ語、ラテン語を話し、人々の異言を知る教養豊かな人でした。

たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、愛がなければ、無に等しい。

神様とその御言葉に対する熱情を表すほど、熱心な人である彼は、あの「偽預言者」イエスについて聞き、普通のユダヤ人たちが騙されないよう、イエスに従っている人々を一所懸命に迫害し、ユダヤ教を守ろうとするほどの強い信仰を持っていたのです。

全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、誇ろうとして我が身を死に引き渡そうとも、愛がなければ、私に何の益もない。

正しいユダヤ人としてサウロは、神聖に行く道を歩み、宗教的な掟を守り、施しをし、自分の命をも犠牲として捧げる心づもりがあったのです。サウロは、このように熱心な人でした。ところが、自分の生涯をかえりみた時、大切な事が欠けていたのです。パウロは「愛がなければ」と繰り返して言いました。愛がなければ、騒がしいどら、無に等しい、私に何の益もない。自分の過去を振り返ってみると、それほど熱心な彼が行ったどんなに優れた業も、愛なしでは、何も役に立たなかったのです。その時、愛がなかったと彼は認めています。何かの出来事によって、サウロの人生に愛が入り込んだのでしょうか。そうです。これは普通、パウロの回心と言われています。具体的に、復活されたキリストと会って、彼は確実に新しくなりました。復活されたキリストと会うことで、彼には、神様の救いの計画が明らかになりました。実は、回心する前に欠けていた愛というのは、復活されたキリストでした。

パウロにとって愛とは、復活されたキリストです。つまり、私たちの心に、復活されたキリストがいなければ、私たちがどんなに優れた業を行っても、役には立たないと言うことです。

私たちは、聖パウロの信仰の経験を理解して、彼と同じように復活されたキリストと会い、愛を満たされて、新しく生活するように招かれているのです。

よし、やるぞ!!

神父の一言

もっとも新しい記事

主の降誕祭について

2013年12月20日

待降節に入ると私たちはすぐに、クリスマスの祝いが近いことを思い出します。救い主が来られるという約束を受けた私たちは、心の準備をしてキリストを迎え入れようとしています。
つづきを読みなさい ☞
しばらくすると…

2013年3月31日

イエス様から「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなる」[ヨハネ16・16]と言われ、弟子たちは驚いたことでしょう。
つづきを読みなさい ☞
信仰年における、クリスマスのお祝い

2012年12月20日

今年は、特別なクリスマスのお祝いです。 信仰年における、クリスマスのお祝いです。 信仰年にあたり、神様のみ言葉を灯火として受け、信仰の神秘にあずかるように招かれています
つづきを読みなさい ☞
ごミサに集まる人々は、だれ?

2012年7月7日

信仰生活をしている人は、毎日曜日ごミサに参加します。ごミサは、イエス・キリストの救いの神秘を記念する礼拝であり、非常に大切なもの、信仰生活の起源であり頂点であるとも言われて (...)
つづきを読みなさい ☞
四旬節と言えば

2012年2月23日

四旬節と言うと、みなさんはなんとなく重い気持ちになるでしょうか。私が幼い頃の、四旬節についてのイメージや思い出は、あまり良いものではありません。それは、「やらなければいけな (...)
つづきを読みなさい ☞
歓迎会

2011年12月22日

待ち望んでいた主が来てくださいました。来てくださった主を迎え入れましょうか。
つづきを読みなさい ☞
口から口へ

2011年11月4日

キリストを迎え入れるというのは、神様のみ言葉を聞き、救っていただくことです。それが、人間に対する神様の一番深い望みです。
つづきを読みなさい ☞
「聖ペトロと聖パウロ」を祝おう!

2011年6月29日

聖ペトロと聖パウロのお祝いは、毎年6月29日に、二人の殉教を記念して行います。彼らの生贄を通し、信仰は私たちにまで伝えられました。私たちは現在も、聖ペトロと聖パウロの信仰を (...)
つづきを読みなさい ☞
「私はある」という人が復活されました!

2011年4月23日

受難を受けて死に、復活したイエス様を、この世を救ってくださる神様として認めることが出来るでしょうか。
つづきを読みなさい ☞
永遠の命って?

2011年2月26日

神様は、私たち一人一人を大切にしてくださるので、永遠の命にあずからせるまで、私たちを待たせるわけではないのです。もう既に、永遠の命は与えられているのですから。
つづきを読みなさい ☞