☞ 神様の希望…

神様の希望…

2010年12月17日

神様の希望についてお話します。そうですね、神様も希望を持っておられます。私たちが永遠の命を受けて愛のうちに生きること。それが神様の希望です。

私たちは、私たちがまだ永遠の命を受けて愛のうちに生きていないことを認めざるを得ません。忍耐強い神様の希望は、今も無傷のまま残っています。私たちが皆、悪から解放されて永遠の命に与ることを神様は望まれます。ですから、神様はずっと以前より、ご自分を現して、救いの計画を用意してくださいました。

神様がおられることに気付いたアブラハムをはじめ、全ての預言者は、神様のみ言葉を預かり、神様の愛を民に示しました。この民は、少しずつ神様に心を向けて、少しずつ神様のみ旨を理解していきました。このように神様は、み心をあらわして、私たち人間の救いを用意してくださいました。これは、救いの歴史なのです。

神様は、いつまで救いの準備をなさるのでしょうか?あるいは、いつまで準備なさったのでしょうか?それは、私たち人間が神様の救いを受け入れることができた時、その時までです。

その時は、もう既に来たのでしょうか。それとも、まだ待つのでしょうか。

救いの歴史をよく理解しましょう。簡単に言えば、救いの準備が終わったならば、その時から救いは実現し始めているということになります。救いの歴史の中で、もう既に救いの準備は終わりました。キリストは神様の子、救い主、つまり、救いをもたらす方です。キリストが私たちの間に宿られた時から、神様の望みがすべて叶えられる時までは、救いが実現する時代なのです(最後の時と言われています)。

それをよく理解したら、少なくとも、次の二つのことが言えるでしょう。

神様は、救いの準備を終えているのですから、私たち人間は、もう既に神様の救いを受けることができます。もし私たちの間に神様の救いが見えないとしたら、それは、救いが私たちのうちにまだ来ていないわけではなく、私たちがこの救いを迎え入れていないということです。

JPEG - み言は、人間となった!
み言は、人間となった!

み言は肉となって私たちの間に宿られた。(ヨハネ1、14)

私たちは少しへりくだり、イエス様の誕生日を祝うことを通して、神様の救いをもたらしてくださる救い主キリストを認めましょうか?クリスマスの光に照らされたら、それを神様の光だと認めましょうか?

神様の希望を叶えましょうか?

主の御降誕、おめでとうございます!!

神父の一言

もっとも新しい記事

主の降誕祭について

2013年12月20日

待降節に入ると私たちはすぐに、クリスマスの祝いが近いことを思い出します。救い主が来られるという約束を受けた私たちは、心の準備をしてキリストを迎え入れようとしています。
つづきを読みなさい ☞
しばらくすると…

2013年3月31日

イエス様から「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなる」[ヨハネ16・16]と言われ、弟子たちは驚いたことでしょう。
つづきを読みなさい ☞
信仰年における、クリスマスのお祝い

2012年12月20日

今年は、特別なクリスマスのお祝いです。 信仰年における、クリスマスのお祝いです。 信仰年にあたり、神様のみ言葉を灯火として受け、信仰の神秘にあずかるように招かれています
つづきを読みなさい ☞
ごミサに集まる人々は、だれ?

2012年7月7日

信仰生活をしている人は、毎日曜日ごミサに参加します。ごミサは、イエス・キリストの救いの神秘を記念する礼拝であり、非常に大切なもの、信仰生活の起源であり頂点であるとも言われて (...)
つづきを読みなさい ☞
四旬節と言えば

2012年2月23日

四旬節と言うと、みなさんはなんとなく重い気持ちになるでしょうか。私が幼い頃の、四旬節についてのイメージや思い出は、あまり良いものではありません。それは、「やらなければいけな (...)
つづきを読みなさい ☞
歓迎会

2011年12月22日

待ち望んでいた主が来てくださいました。来てくださった主を迎え入れましょうか。
つづきを読みなさい ☞
口から口へ

2011年11月4日

キリストを迎え入れるというのは、神様のみ言葉を聞き、救っていただくことです。それが、人間に対する神様の一番深い望みです。
つづきを読みなさい ☞
「聖ペトロと聖パウロ」を祝おう!

2011年6月29日

聖ペトロと聖パウロのお祝いは、毎年6月29日に、二人の殉教を記念して行います。彼らの生贄を通し、信仰は私たちにまで伝えられました。私たちは現在も、聖ペトロと聖パウロの信仰を (...)
つづきを読みなさい ☞
「私はある」という人が復活されました!

2011年4月23日

受難を受けて死に、復活したイエス様を、この世を救ってくださる神様として認めることが出来るでしょうか。
つづきを読みなさい ☞
永遠の命って?

2011年2月26日

神様は、私たち一人一人を大切にしてくださるので、永遠の命にあずからせるまで、私たちを待たせるわけではないのです。もう既に、永遠の命は与えられているのですから。
つづきを読みなさい ☞