☞ イエスは、復活された!

イエスは、復活された!

2006年3月19日

ご復活、おめでとうございます!

心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛するように招かれています。

「イエス・キリストは、復活された。」キリスト教において、信じることはいくつもありますが、それらを突き詰めた時にひとつ残るのは、イエス・キリストの復活です。

JPEG - イエスのご復活
イエスのご復活

http://www.icones-grecques.com

神様の愛が、私たち人間の救いの起源であるならば、イエス・キリストの復活は、愛の実践です。神様に心を向けて復活祭を祝うことで、私たちはまず、神様の愛によって救われたことを感謝します。キリストの復活は、私たちの喜びの源、私たちの幸せの泉なのです。イエス・キリストが、ご自分の命を私たちの手に委ねてくださったことで、どんなに私たちを愛してくださったのかを理解するはずです。

私たちは、カトリック湯川教会の共同体として、キリストと共に、復活された人々の家族に属しています。救い主イエス・キリストの兄弟となって、喜びに満たされます。私たち人間に、救われる値打ちはありませんが、神様に愛されること、神様の憐れみによって救われたのです。私たちは、この神秘を復活祭で祝って、感謝するように招かれています。

私たちは、神様の愛をいただいて感謝し、神様の愛を互いに渡し合い、互いに赦し合うように招かれます。聖パウロが言ったように、「私たちは、洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかる者となりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から、復活させられたように、私たちも新しい命に生きるためなのです。」[ローマ6・4]実は、私たちが、互いに愛し合い、互いに赦し合えるのは、イエス・キリストの復活の恵みが実現される印です。印だけではなくて、復活が実現されることそのものなのです。互いに赦し合うことでキリストと結ばれ、私たちがもう既に永遠の幸せの内に生きていることを、悟ったことがないでしょうか。信仰生活の中で、赦し合うことが出来るのは、平和と幸せをもたらすことです。共同体に属している私たちは、互いに赦し合うことを通して、まず、私たちの一致を実践し、そして、愛してくださる神様の愛の「生き証人」となるのです。「父よ、全ての人を一つにしてください。そうすれば、世は、あなたが、私をお遣わしになったことを、信じるようになります。」とイエス様は、神様に向かって祈りました。[ヨハネ17・21]

つまり私たちは「生き証人」として、神様の不思議な業を、つまり、神様の愛の福音を述べ伝える責任を持っています。救い主である神様に恵みをいただいている私たちは、「心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛するように招かれています。」[マルコ12・33] 私たちが、いただいた才能を生かして神様に仕えるのは、そんなに難しいことでしょうか。

私たちの生きている共同体が成長するために、色々な方法を探しています。私たちにとって、その最初の方法とは、神様と和解させていただくこと、その赦しの恵みによって互いに赦し合うこと、そして、救われた生き証人として、いただいた才能を伸ばし、神様の愛を証明することです。

神父の一言

もっとも新しい記事

主の降誕祭について

2013年12月20日

待降節に入ると私たちはすぐに、クリスマスの祝いが近いことを思い出します。救い主が来られるという約束を受けた私たちは、心の準備をしてキリストを迎え入れようとしています。
つづきを読みなさい ☞
しばらくすると…

2013年3月31日

イエス様から「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなる」[ヨハネ16・16]と言われ、弟子たちは驚いたことでしょう。
つづきを読みなさい ☞
信仰年における、クリスマスのお祝い

2012年12月20日

今年は、特別なクリスマスのお祝いです。 信仰年における、クリスマスのお祝いです。 信仰年にあたり、神様のみ言葉を灯火として受け、信仰の神秘にあずかるように招かれています
つづきを読みなさい ☞
ごミサに集まる人々は、だれ?

2012年7月7日

信仰生活をしている人は、毎日曜日ごミサに参加します。ごミサは、イエス・キリストの救いの神秘を記念する礼拝であり、非常に大切なもの、信仰生活の起源であり頂点であるとも言われて (...)
つづきを読みなさい ☞
四旬節と言えば

2012年2月23日

四旬節と言うと、みなさんはなんとなく重い気持ちになるでしょうか。私が幼い頃の、四旬節についてのイメージや思い出は、あまり良いものではありません。それは、「やらなければいけな (...)
つづきを読みなさい ☞
歓迎会

2011年12月22日

待ち望んでいた主が来てくださいました。来てくださった主を迎え入れましょうか。
つづきを読みなさい ☞
口から口へ

2011年11月4日

キリストを迎え入れるというのは、神様のみ言葉を聞き、救っていただくことです。それが、人間に対する神様の一番深い望みです。
つづきを読みなさい ☞
「聖ペトロと聖パウロ」を祝おう!

2011年6月29日

聖ペトロと聖パウロのお祝いは、毎年6月29日に、二人の殉教を記念して行います。彼らの生贄を通し、信仰は私たちにまで伝えられました。私たちは現在も、聖ペトロと聖パウロの信仰を (...)
つづきを読みなさい ☞
「私はある」という人が復活されました!

2011年4月23日

受難を受けて死に、復活したイエス様を、この世を救ってくださる神様として認めることが出来るでしょうか。
つづきを読みなさい ☞
永遠の命って?

2011年2月26日

神様は、私たち一人一人を大切にしてくださるので、永遠の命にあずからせるまで、私たちを待たせるわけではないのです。もう既に、永遠の命は与えられているのですから。
つづきを読みなさい ☞