☞ 病者と共に祈る合同ミサ

病者と共に祈る合同ミサ

2013年1月30日

今回、4月7日(神のいつくしみの主日)の合同ミサに集まり、病者の塗油の秘跡を受ける機会が与えられました。共同体は、神様に感謝するための集まりです。その中に病気の方が出た時、私たち共同体は、病気の方が心身ともに癒されるよう、信仰をこめて神様に願います。病気の方は、その祈りに支えられながら、病者の塗油の秘跡を受けるように招かれています。それは、病気の方を始め、私たち共同体の希望が新しくなり、神様の交わりの内に生きることです。

福音書の中には、イエス様が、共同体の祈りと支えを頼んで、病気の人を癒したことが書かれています。マルコによる福音書では(3・1)、イエス様が、神様に感謝するため人々が集まっていた安息日の会堂で、片手の萎えた人を人々の真ん中に立たせ、その手を癒しています。この人に恐れの気持ちはありましたが「立って、中へ出てきなさい」というイエス様の命令を聞いて信頼をし、真ん中に立って、癒してもらいました。その時からこの人は、神様の憐れみを感じて、新しく生活をし始めました。ですから、合同ミサに集まって病者と共に祈り、秘跡を受けることには、意味があります。

では、どのような人が病者の塗油の秘跡を受けられるのでしょうか。簡単に、一言で言えば、病気の方。では、風邪を引いていることでも、受けることができるのでしょうか?もちろん風邪も病気ですが、風邪では受けることが出来ません。

病者の塗油の秘跡を受けるように招かれているのは、病気のせいで普通の生活を行うことが出来ないなど、病者として生活せざるを得なくなった方です。例えば、長い入院が必要な方。突然、病気や障害を抱えることになり、仕事をやめたり、家族の世話をすることが難しくなった方。手術を受ける予定の方。福音書の片手の萎えた人と同じく、長い期間に亘る身体の障害や、心の障害や精神病を抱えている方。つまり、体の病気でも、心の病気でも、神様の支えを受けること、神様の憐みによって強められること、希望が新しくされることを望む方、新たにキリストと結ばれて生活したい方は、病者の塗油の秘跡を受けるように招かれているのです。

病者の塗油の秘跡を受けたくても、その病気のために、ごミサに参列出来ない方もいるでしょう。その場合、別の形で受けることが出来ますので、主任司祭と相談するようにしてください。受けることについて迷っている方も、同じく、主任司祭と相談してください。もちろん、主任司祭の助けがあっても、病者の塗油の秘跡を受けるかどうか決めるのは本人です。

合同ミサの中で病者とともに祈ることは、病気の方をはじめ、共同体全体にとって、素晴らしいチャンスとなります。互いのために祈る。互いを支える。信仰の内に、互いのために祈りながら、兄弟姉妹を神様のみ手に委ねるために。信仰の内に、神様に感謝するために。

JPEG -

P.S.

このテキストも読んでください。

教会生活

もっとも新しい記事

2009年 函館地区 聖書週間

2009年10月23日

11月15日(日)地区合同ミサまで
つづきを読みなさい ☞
2008年 函館地区 聖書週間

2008年10月3日

11月2日(日)−16日(日)地区合同ミサまで
つづきを読みなさい ☞
夏期学校に参加して

2008年8月2日

7月25日から27日の3日間、教会に宿泊し、生活を共にしながら祈り、考え、学ぶ合同夏期学校が実施されました。湯川教会からもたくさんの子どもたちが参加し、それぞれ思い出深いも (...)
つづきを読みなさい ☞
パウロから学ぶ現代日本の福音化

2008年7月10日

教皇ベネディクト16世は、創立間もないキリスト教会発展の基礎を築いた二人の偉大な使徒の一人、聖パウロの生誕2000年を記念して、2008年6月28日から翌年の6月29日ま (...)
つづきを読みなさい ☞
湯川教会関係略史

2007年9月27日

創立から現在までの略史(函館地区関係を含む)
つづきを読みなさい ☞