☞ 主の降誕祭について

主の降誕祭について

2013年12月20日

待降節に入ると私たちはすぐに、クリスマスの祝いが近いことを思い出します。救い主が来られるという約束を受けた私たちは、心の準備をしてキリストを迎え入れようとしています。

典礼的に主の降誕祭と復活祭は重要です。これらを祝う心の準備をする期間を通して、救いの神秘を記念することが出来ます。

復活祭の準備としては四旬節、主の降誕祭の場合には待降節があります。クリスマスを祝う季節に入った今、待降節について考えて見ましょう。

待降節は、クリスマスを待ち望む季節なのでしょうか。私たちは、私たちの内に来て人間となった神様の子を待ち望んでいるのでしょうか。ヨハネの福音を思い出してください。「言は、肉となって、私たちの間に宿られた」と、福音記者が伝えています。しかし、私たちが待ち望むのは、過去に起きたこの出来事ではありません。待ち望むことができるのは、イエスが約束されたこと。すなわち、イエス・キリストの再臨です。「そのとき、地上のすべての民族は【…】、人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る。【…】あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけない時に来るからである。」と、マタイ福音記者がそれを思い出させます。人の子(キリスト)は再び来られる時に、私たちを神様のみ国に連れて行ってくださいます。その時「成し遂げられた」という、十字架に付けられたキリストの叫びを表す救いの神秘が、私たちのためにも成し遂げられるのです。

待降節に入った私たちが、再び来られるこのキリストを待ち望むのであれば幸いです。死から解放される救いを待ち望む希望を持っているなら幸いです。

クリスマスの準備、再び来られるキリストを迎える準備をする中で忘れられがちなのは、救いの神秘が来ることです。

この神秘を忘れないように、キリストが私たちのところに来てくださった目的を思い出しましょう。それは、簡単に言えば、神様の救いの計画を私たちに示し、私たちを救うことです。

主の降誕祭(クリスマス)を祝う度に、この神秘を思い出しましょう。主の降誕(人の子の再臨)を待ち望む希望を思い出しましょう。

主の降誕、おめでとうございます!

神父の一言

もっとも新しい記事

神様の希望…

2010年12月17日

神様の希望についてお話します。そうですね、神様も希望を持っておられます。私たちが永遠の命を受けて愛のうちに生きること。それが神様の希望です。
つづきを読みなさい ☞
やっとやって来た!

2010年10月28日

私たちが御国まで行くわけではなく、教会の宝物である秘跡を通して御国が私たちそれぞれの生活に訪れて入り込むのです。
つづきを読みなさい ☞
堅信と言えば…

2010年9月3日

堅信について、どのように説明すれば良いでしょうか。
つづきを読みなさい ☞
福者三位一体のエリザベットの祈り。

2009年12月18日

福者三位一体のエリザベットの祈りと、その現代性。
つづきを読みなさい ☞
キリストの復活を証しするのは?

2009年5月29日

キリストを証しする人は、何を証しするのでしょうか。
つづきを読みなさい ☞
愛と会い…

2009年4月26日

今からちょうど2000年前、聖パウロは生まれました。今年は、聖パウロの誕生を記念する聖パウロ年ですから、聖パウロによって教会にもたらされた教えや、信仰の経験などを思い出す (...)
つづきを読みなさい ☞
信仰のテンポ

2008年3月23日

ご復活、おめでとうございます! 毎年、復活祭にあたり、このような挨拶が出来ることを嬉しく思います。復活は、私たちの信仰の一番重要な点です。私たちが、キリスト教の信者となった基本的
つづきを読みなさい ☞
クリスマス、おめでとう

2007年12月24日

皆さん、主の降誕、おめでとうございます。
つづきを読みなさい ☞
驚かせることは、何?

2007年4月7日

私たちを驚かせることと言えば、何があるでしょうか。それまで人類が経験したことのないような衝撃的な出来事と言えば、どんなことがあったでしょうか。今までに起こった信じられない事 (...)
つづきを読みなさい ☞
Welcome to...

2007年2月22日

私たちが天国に入った時、迎えてくださる神様は、何を言ってくださるのでしょうか。「ようこそ」でしょうか?「お帰り」でしょうか?
つづきを読みなさい ☞